■お役立ちメニュー:家賃交渉をする時のコツ

■お役立ちメニュー:家賃交渉をする時のコツ


■お役立ちメニュー:家賃交渉をする時のコツ
"賃貸だからこそ交通の便の良い物件を選ぶことが大切であり、様々なアクセス手段を確認しておきましょう。
電車やバスはもちろんのこと、深夜遅く帰ってくることも考えてタクシーの状況もチェックしておく必要があります。もし値下げの交渉を考えているのでしたら家賃と礼金の2つとなります。
これら2つの値下げ交渉というのは、よっぽどのことが無い限り難しいので、あまりしつこく値下げ交渉をするのは避けましょう。
交渉をすることが出来るものは家賃、礼金、敷金の3つとなります。
しかし敷金というのは一時的に大家さんに対して預けるお金で最終的には返還されますので、値下げ交渉をしてもあまり意味が無いかもしれません。

値下げの交渉をする時には必ず合計支払金額で計算するようにしてください。
賃貸契約期間は一般的に二年間となっていますので、値下げ交渉は2年間単位で計算をするようにしましょう。"



■お役立ちメニュー:家賃交渉をする時のコツブログ:20-6-21

皆様、朝と晩の「歯磨き」ってどうですか?
皆様やっていらっしゃると思いますけど、
歯磨きしなかった朝などはとっても気持ち悪いですよね?

「歯磨きするな!」なんて言われたら、もう大変!
1日中、気持ち悪くて仕方ないでしょうね。

それを運動に応用すればいいんじゃないでしょうか?

日々、肩凝り体操を 「少しでも」 やっていれば、
やがて肩凝り体操することが 「普通」 になります。
そして、肩凝り体操をしないことが 、
「普通でない」 状態になります。

そうなると脳は 「普通でない」 状態に反応して、
「普通」 の状態に戻そうとします。

ボクの場合、
朝時間が無くて肩凝り体操しないと、
脚がムズムズします。
そうなると駅に向かうウォーキングを早めにしたり、
階段を1段飛ばしで上がったりして、
脚の筋肉を動かし温めようとします。

こうなってくると
肩凝り体操しないことが 「不快」 と感じるようになり、
肩凝り体操することが 「快」 になりますから、
習慣化しやすいことになります。

つまり、これは
「肩凝り体操すること」 が 「普通の状態」と脳が認識して、
なんとか運動させることによって
「普通の状態」
にさせようと、脳が指令するんですね。

ボクたち人間の脳には、現状を維持しようとする本能があります。
身体にとって、良いことも悪いことも、
習慣化されたものは維持しようとするのです。

「運動すること」が普通になってしまえば、
脳は身体に「運動させよう」とするわけです。

このように、脳の特性をうまく利用して、
シェイプアップを後押しする存在に変えてしまいましょう!


■お役立ちメニュー:家賃交渉をする時のコツ

■お役立ちメニュー:家賃交渉をする時のコツ

★メニュー

■お役立ちメニュー:家賃交渉をする時のコツ
■お役立ちメニュー:賃貸契約する時には審査がある
■お役立ちメニュー:良い不動産屋の条件
■お役立ちメニュー:ターミナル型の不動産屋
■お役立ちメニュー:流通物件と独自物件の違い
■お役立ちメニュー:良い賃貸物件選びの近道
■お役立ちメニュー:貴方の条件が現実的かをチェック
■お役立ちメニュー:賃貸マンションを選ぶメリット
■お役立ちメニュー:賃貸の物件情報で費用面を確認
■お役立ちメニュー:物件探しで下見はとっても重要


ページ先頭 ページの先頭へ
トップに戻る トップに戻る
友達に教える 友達に教える
(C)賃貸コレクション☆THE 快適ライフ